• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

カスタムイメージの活用で紅葉を色鮮やかに表現!

カスタムイメージとは、被写体や表現意図に合わせて画像の仕上がりを変えられる機能で、PENTAXデジタル一眼レフの最新機種には13種類ものカスタムイメージが搭載されています。
表現意図に合わせたカスタムイメージを選択することで、紅葉の赤をより鮮やかに、夜景をきらめく色にと、さまざまな表現が簡単に楽しめます。
また、パラメーターごとの細かな設定も可能で、よりご自身のイメージに近い作品に仕上げることができます。

例えば、同じ風景の撮影でもカスタムイメージを変えるだけで、仕上がりは大きく変わります。

カスタムイメージ:ナチュラル(PENTAX K-1)

カスタムイメージ:雅(PENTAX K-1)

ただ、13種類のカスタムイメージを「どのように使い分けたら良いのか分からない」そうした皆様ご意見にお応えし、修理サービスセンターでは2018年10月より、フォトスクール講座「表現力をアップする!初めてのカスタムイメージ活用」を開講いたします。(講師:ペンタックスリコーフォトインストラクター)
この講座は初級講座となりますので、カスタムイメージ全般の解説の他に、ご愛用のPENTAX Kシリーズデジタル一眼レフをご持参いただければ、機種ごとにカスタムイメージ設定方法なども説明いたします。
解説の後には、室内でサンプルを撮影いただき、カスタムイメージの設定による仕上がりの違いを体験いただく予定です。

そろそろ秋の撮影シーズンが始まります。
今年はカスタムイメージを活用し、ご自身のイメージどおりの作品作りを楽しんでみませんか。
「表現力をアップする!初めてのカスタムイメージ活用」講座のお申し込みはこちらから。
修理サービスセンタースタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております。

ページトップへ