• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

ギンザナイトでミニネーチャーフォト!

こんにちわ、スクエア銀座フォトインストラクターのモ~リ~です。
今回は身近な公園をターゲットに「ネーチャーフォト気分を演出しよう!」と思います。

皆様の思い描く銀座は「多くの商業施設と老舗のお店がたくさんある」そんなイメージでしょうか。
でも、街の中を探してみれば、意外と緑の景観を見付けることができます。
都会のど真ん中にあって、ミニネーチャーフォトを楽しんでみましょう!
ただ、昼間は厳しい暑い日が続いていますので、夜の光の中で捉えた公園の景観をお届けします。

公園と都市をアドバンストHDRで撮影(日比谷公園)
アドバンストHDRはPENTAX K-1 MarkII、K-1、KP、K-70、K-S2に搭載。

本物ではありませんが野鳥をスナップ!(日比谷公園)

夜の撮影では、デジタルカメラは少し明るく写ってしまうので、露出補正は-0.7から-1に設定してみましょう。
最近の製品には、HDR撮影モードに「アドバンスドHDR」があり、アートな表現が楽しめます。
また、ホワイトバランスを工夫したり、カスタムイメージを変えてみると、さらに雰囲気を変えることができ、素敵な色合いがつくれます。
写真1と2は、PENTAX K-1 MarkIIで撮影しました。

さて、2018年8月9日(木)銀座に新名所がオープンしました。
数寄屋橋交差点の一角にある公園「銀座ソニーパーク」は、人工的に作られた自然環境景観として、2020年まで営業をされます。
ちょっと不思議な木々や植物の組み合わせが楽しめます。
街の背景をキャンバスに、銀座ならではのネーチャーが楽しめそうです。

植物だけでなく大きなオブジェも面白い!(銀座ソニーパーク)

お隣のビルの壁を背景にしてみました(銀座ソニーパーク)

GR2を手持ちで夜景撮影にチャレンジ!
現像ソフト「Digital Camera Utility 5」で処理いたしました。
GRらしさを残したい時はカメラ内RAW現像を使用しますが、じっくり色調整をしたり、ペンタックスのカラー概念で表現したい場合は、製品に付属している現像ソフトが使いやすくて便利です。

今回は、銀座のネーチャーをナイトスナップで楽しんできました。
リコーイメージングスクエア銀座で、カメラ体験や写真展を楽しまれた後は、こんな夜の過ごし方も素敵ではないでしょうか。
夜の撮影が不安でカメラの設定などご相談したい皆様は、撮り歩きを始める前に、ぜひリコーイメージングスクエア銀座にお立ち寄りください。
撮影ポイントなどご案内させていただきます!

ページトップへ