• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

GRワンポイントレッスン

今回は、スクエア銀座フォトインストラクターのモ~リ~より、サマーフェスティバル2018で開催予定のワンコインスクール「GRで挑戦!水辺のスローシャッター」からワンポイントレッスンをお届けします。

スナップカメラとして、手軽に街の風景を切り取ることが得意なGRですが、設定を少し工夫すれば、夏の水辺でも素敵な写真を撮ることが出来ます。 今回はGRで水辺の撮影を楽しんでみましょう!

皆様はNDフィルターをご存じですか。
NDフィルターとは、Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)フィルターの略で、色の変化を抑えて目に見える光の量を減らす役目を持っています。
夏のまぶしい時にサングラスをかけるようなものですね。
GRには、なんと!絞り2段分のNDフィルターが搭載されています。
NDフィルターを使用することで、手軽にスローシャッターを設定できるようになり、この機能を活用し夕暮れ時の海辺の公園でこのような写真を撮ることができます。

NDフィルターOFF/F10/SS8Sec/ISO100

NDフィルターON/F10/SS25Sec/ISO100

水面の反射がスローシャッターによって、淡く鏡面のようになりますが、SS(シャッタースピード)が長いほうがより美しくなります。
ぜひ、活用してみてください!
設定方法は、[MENU]→[撮影設定]→[NDフィルター]の順で、AUTOからONに変更することでNDフィルター効果が有効となります。
撮影が終わりましたらAUTOに戻しておきましょう。

さて、水辺のスローシャッター二つ目のポイントは内蔵フラッシュの活用です。
作例では、マジックアワーに公園の噴水と、花壇の花々を同時に撮る構図で撮影をしています。
この時、GRの内臓フラッシュを強制発光いたします。
内蔵フラッシュはガイドナンバー5.4。
サイズこそ小さいですが、フラッシュ調光補正やシンクロ設定など充実した機能を持っています。
また、全シャッタースピードに同調、今回のようなスローシャッターでも簡単にフラッシュを発光して撮影に活用することが出来ます。

F13/SS8Sec/ISO100

コンパクトなボディに多くの機能を持つGR。
リコーイメージングスクエア銀座では、フォトインストラクターモ~リ~が、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ページトップへ