• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

ペンタックス:ニュースリリース

2011年12月26日

お客様各位

ペンタックスリコーイメージング株式会社

第39回ペンタックスファミリーサロン授賞式
―2011年の優秀作品を表彰―

第37回ペンタックスファミリーサロン授賞式 ―2009年の優秀作品を表彰―

ペンタックスカメラ愛用者の写真クラブ「ペンタックスファミリー」は、12月21日に新宿センタービルのペンタックスフォーラムにおいて、第39回 『ペンタックスファミリーサロン』授賞式を行いました。

ペンタックスファミリーサロン展は、毎年設けられるテーマに合わせてファミリー会員が取り組み、応募した作品の中から優秀な作品を選ぶ恒例の写真コンテストで、毎年末に発表展を開催しています。

今年のテーマは「春夏秋冬」で、国内外の会員から1,200点を超える力作が寄せられました。写真家の大竹省二氏、相原正明氏、小松ひとみ氏による厳正な審査の結果、栄えある金賞には大前シゲ子(おおまえ・しげこ)さんの作品「夕映え」 が輝きました。また金賞のほか、銀賞3点、銅賞5点、秀作20点、入選30点の総数59点が選ばれまし た。
今年の作品に対する各氏の講評は次の通りです。大竹氏「良い作品がある中で、デジタルに振り回されているのではと感じるものもありました。デジタルのもつ本来の良さをしっかりと受け取ることにより、デジタルはデジタルのよさを、フィルムはフィルムの良さを存分に発揮できるのではないかと思います」。相原氏「やわらかいほのぼのとした日本の情緒を捉えている作品が多く、ペンタックスファミリー会員の作風を感じた。写真は撮って見せるまでなので、プリントまで考えて撮影することで自分の世界を貫き、発展させていただきたい」。小松氏「四季を表現した風景が多いのかと思っていたところ、動きのある作品が多く、いろんな四季の捉え方があって楽しく作品を拝見することができました」。

授賞式には、大前さんをはじめ多くの入賞者が出席され、審査員の相原氏、小松氏から記念の受賞盾や表彰状を授与されました。

入賞作品は、12月21日から29日まで新宿センタービルにあるペンタックスフォーラムに、来年1月12日から18日までは富士フォトギャラリー大阪(大阪市中央区本町)に展示されます。
また、ペンタックスファミリーのホームページでもご覧いた だけます。なお、全入賞作品は2012年版ペンタックス写真年鑑(2012年6月末日発行予 定)に収録される予定です。

この件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします

[お問合せ先] ペンタックスファミリー事務局 TEL:03-3580-2060(代表)

ページの上に戻る