• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

ソフトウェアダウンロード >
GX200用ファームウェア Macintosh環境版

登録 ・ 更新 2008/7/29 登録・2009/07/15 更新
圧縮ファイル名 gx200-125.hqx
バージョン V1.25
ファイルの形式 BinHex4形式 (.hqx)
ファイルの容量 約 1.64MB
著作権の所在 株式会社リコー
転載条件 転載禁止
ソフトの紹介 ダウンロードされたソフトで、ファームウェアをSDカードに書き込むことにより、GX200 本体のファームウェアをアップデートすることができます。このページからダウンロードできるファイルは、Macintosh環境用です。
ファイルの概要 ダウンロードするソフトウェアはBinHex(.hqx)形式です。
・ ブラウザの種類や設定によっては、自動的に「GX200 Update」フォルダに解凍されます。
・ 「GX200 Update.sit」ファイルのみ保存された場合は、「StuffIt Expander」を使用して解凍して下さい。
対応カメラ GX200 (※他の機種にはご使用できません)
動作OS MacOS9、MacOSX環境でStuffIt Expanderをお持ちの方
(Mac OS X 1.1.2 - 10.4 / Mac OS 9 - 9.2.2)

※MacOS X 10.3 以降をお使いの方で ZIP形式のダウンロードを行なう場合は、 こちらからダウンロードを行なってください。
バージョン確認と
アップデート方法
ファームウェアバージョン確認とアップデートの手順は こちらのPDFマニュアル (約 305 KB)をご参照ください。

更新履歴

日付 Version 機能追加・修正の概要
09/07/15 V1.25
以下の条件で拡大再生表示中に表示される位置表示窓の画像が、正しく表示されない現象を修正しました。
縦横自動回転再生をON
再生先のメモリに縦撮り横撮り画像が混在
ADJ.レバーでコマ送り
長時間露光撮影時、記録完了前にカメラを動かすと画像方向情報が正しく反映されない現象を修正しました。
08/12/09 V1.20
1:1画像を拡大再生した場合、右下に表示される位置表示窓内の表示枠が右端まで移動しない現象を修正しました。
08/09/02 V1.14
オート撮影モードで画像モニター表示を「グリッドガイド表示」の設定で電源を切り、マイセッティングモードで電源を入れると欠けたグリッドが表示される現象を修正しました。
単 4 電池使用時、撮影モードから再生ボタンを押して再生モードに切り替え、鏡胴が自動収納後、レリーズボタンを押して撮影モードへの切り替え操作を行うとキー操作できなくなる現象を修正しました。
08/07/29 V1.10
モニタリング中に高輝度部分が反転してしまう現象を修正しました。
VF-1 を使用し、画質モード: RAW、フォーカス:マクロに設定し連写をおこなうと、フォーカス動作が遅くなり合焦までに時間がかかる現象を修正しました。
画像設定を「自動レベル」に設定して撮影した際のレベル補正精度を向上しました。
RAW で記録した画像と同時記録 JPEG 画像の撮影設定情報が一致するように修正しました。

ファームウェアダウンロード

ページトップへ