• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

GR DIGITAL用ファームウェア Macintosh環境版

登録・更新 2005/11/16登録・ 2007/11/22更新
圧縮ファイル名 gr-240.hqx
バージョン V2.40
ファイルの形式 BinHex4形式 (.hqx)
ファイルの容量 約 1.62MB
著作権の所在 株式会社リコー
転載条件 転載禁止
ソフトの紹介 ダウンロードされたソフトで、ファームウェアをSDカードに書き込むことにより、GR DIGITAL本体のファームウェアをアップデートすることができます。このページからダウンロードできるファイルは、Macintosh環境用です。
ファイルの概要 ダウンロードするソフトウェアはBinHex(.hqx)形式です。
・ ブラウザの種類や設定によっては、自動的に「GR DIGITAL Update」フォルダに解凍されます。
・ 「GR DIGITAL Update.sit」ファイルのみ保存された場合は、「StuffIt Expander」を使用して解凍して下さい。
対応カメラ GR DIGITAL (※他の機種にはご使用できません)
動作OS ・GR DIGITAL Firmware updater X: Mac OS 10.1.2 - 10.5 (Caplio Mounterは 最新バージョンをご使用ください。)
・GR DIGITAL firmware updater: Mac OS 8.6 - 9.2.2
バージョン確認と
アップデート方法
ファームウェアバージョン確認とアップデートの手順は こちらをご確認ください。

更新履歴

日付 Version 機能追加・修正の概要
07/11/22 V2.40
白黒(TE)設定が可能になりました。
情報表示モードを追加しました。
フラッシュ調光補正機能を追加しました。
テレコンバージョンレンズ(GT-1)の装着が可能になりました。
07/04/20 V2.31
Windows用アップデートツールのVista対応にあわせてV2.31に更新しました(機能追加・変更はありません)。
07/03/30 V2.30
画像設定に「セピア」が追加になりました。
「白黒」「セピア」撮影時に「コントラスト」「シャープネス」の設定が可能になりました。
カラーブラケット機能が追加され、1回の撮影で「カラー/白黒/セピア」の記録が出来るようになりました。
Windows Vista で動画を再生する際、Windows Media Playerを利用すると音声が正常に再生されない現象に対応しました。
06/12/27 V2.21
画質設定で[白黒]、RAW同時記録設定で[N640]を設定し、RAW 3:2撮影を行った場合、クイックレビューが正常に表示できない現象を修正しました。
マクロ撮影時のAF精度を向上しました。
06/11/22 V2.20
画質・サイズの設定で、[N3:2(8M)]が追加されました。
オートブラケットの露出差を0.5ステップに加え、0.3ステップも選択できるようになりました
RAW画像記録時に同時記録されるJPEGファイルの、画質とサイズを選択できるようになりました
マクロ撮影時のAF精度を向上しました。
06/07/28 V2.10
露出補正とホワイトバランスに固定されていたADJ.設定にも機能変更が可能になり、4つの設定全てで任意に機能を割り付けることが可能になりました。
ADJ.ダイヤルから設定を変更する場合、設定値をズームボタンでも選択することが可能になりました。(デジタルズーム機能をOFFにした場合のみ)
  • アップデート後の設定
    設定1:アップデート前の設定1を引き継ぎ
    設定2:アップデート前の設定2を引き継ぎ
    設定3・4: OFF
    (露出補正・ホワイトバランスについては引き継がれませんので、必要な際は再度設定してください)
06/04/27 V2.02
AF ターゲット移動機能使用時のAF精度を向上しました。
06/03/24 V2.01
撮影時に液晶を点灯させないモードを追加しました。
ADJ ダイヤルやズームボタンにより調整した設定をレリーズボタンの半押しで確定できる機能を追加しました。
ダイヤルによる絞りやシャッタースピードの調整時に回転方向が選択できる機能を追加しました。
06/02/10 V1.09
推奨フラッシュ(SIGMA製 EF-500 DG SUPER/EF-500 DG ST)を使用した場合の露出を見直しました。
05/11/16 V1.08
RAW画像の記録エリアが右側にずれる不具合を修正しました。
Exif情報に記録される撮影設定情報の間違いを修正しました。
スポットAFを改善しました。
一部のプリンターとのPictBridge接続で正しく認識されないため、出力できなくなる不具合を修正しました。
アスペクト比3:2を選択してシンクロモニターモードで使用した場合、シャッター半押しで表示される液晶表示の間違いを修正しました。

ファームウェアダウンロード

ページトップへ