• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

CX1

Enjoy: 楽しさ広がる創造力

写す楽しみが身近になる。毎日持ち歩きたくなる。

合焦距離の違う7種の作品を一度に撮影。
〈マルチターゲットAF〉   NEW!

マルチターゲットAFは、花の接写など合焦距離が画面内に多数あるシーンで有効です。被写体情報から、カメラが自動的に7点の合焦距離を決定し、それぞれの距離にピントを移動しながら、高速連続撮影。撮影後には、好みの領域に合焦した画像を選択可能です。

マルチターゲットAF
※ 画面は合成によるイメージで、実際の表示とは異なります。

(1) カメラが画面上の7点の合焦距離を自動検出。
(2) それぞれの距離にピントを移動しながら7枚の画像を高速連続撮影。
(3) 撮影した7枚から好みの領域に合焦した画像を選択。

※連続撮影した画像を1つのMPファイル(複数の静止画を1つにしたファイル形式)として記録します。CX1で撮影したMPファイル画像は、カメラ内で特定のコマを抜き出し、個別のJPEG画像として保存可能です。

※MPファイルは同梱ソフト”Irodio Photo & Video Studio”(Macintoshは非対応)を使用する事によってパソコンで再生できます。

※Macintosh用の再生ソフトVM-1(Macintosh用 MPファイル閲覧ソフト)は こちらからダウンロードできます。

ひと味違う構図で表現。
アスペクト比(画像縦横比)1:1モード

ブログ掲載に便利なアスペクト比(画像縦横比)1:1モードを搭載。中判カメラのような正方形フォーマットが、いつもと違う表現を可能にします。

f=32mm 1/73sec F3.6 ISO100 EV+1.3 WB:マルチパターンAUTO
f=32mm 1/73sec F3.6 ISO100 EV+1.3 WB:マルチパターンAUTO

見たい画像をすぐ呼び出せる
画像クリップ機能

すぐに表示させたい画像を3ファイルまで登録可能。地図や時刻表などを登録しておけば、再生時にFn(ファンクション)ボタンですぐに表示できるのでメモとして使えます。

撮影画像の中から、地図画像だけをクリップしておきたい!
※ 画面は合成によるイメージで、実際の表示とは異なります。

カメラ内で明度、コントラストを補正する
レベル補正

ヒスとグラム下のポイントの位置を動かすことで補正が可能。
ヒスとグラム下のポイントの位置を
動かすことで補正が可能。

撮影した静止画の明度、コントラストを、オートまたはマニュアルでパソコンを使わずにカメラ内で補正可能。マニュアル補正では、ヒストグラムを調整しながら、撮影者の意図により忠実で、きめ細やかな補正ができます。

レベル補正前
レベル補正前
レベル補正で明度、コントラストを変更
レベル補正で明度、コントラストを変更

撮影した静止画の色調を補正する
ホワイトバランス補正

ホワイトバランス補正マップのポイントの位置を動かすことで補正が可能。
ホワイトバランス補正マップのポイントの位置を
動かすことで補正が可能。

被写体の色調を再現したい、逆に、変えたいなど、意図や好みに合わせてグリーン、マゼンタ、ブルー、アンバーそれぞれの色合いに補正が可能です。

ホワイトバランス補正前
ホワイトバランス補正前
ブルー
ブルー
グリーン
グリーン
マゼンタ
マゼンタ
アンバー
アンバー
それぞれの色合いに変更可能

その他の再生機能

撮影した静止画を拡大して切り出すことが可能。
( トリミング)
※機種によって背面、及び、液晶モニター画面のデザインに違いがあります。
縦位置撮影の画像を自動的に回転させて表示。
( 縦横自動回転表示機能)
※機種によって背面、及び、液晶モニター画面のデザインに違いがあります。
撮影画像のハイライト部分が黒く点滅。
( ハイライト表示)
ビジネスで有用な帳票形式出力することも可能。
( リコー対応プリンターによる帳票印刷)

ページトップへ