• 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

Caplio GX100

特長3:表現力を刺激するアーキテクチャ

撮影者の感動と表現意図を、 このカメラは理解する。


1/189sec F5.7 ISO100 露出補正-0.7 ノートリミング

被写体と撮影スタイルで選べるフォーカス方式

マルチAFを採用。17箇所のAFエリアを使って被写体を捉えるため、ピントの中抜けなどの失敗が防げます。また、画面中央でピントを合わせるスポットAFも可能です。さらにマニュアルフォーカスでピントを合わせることもできます。このとき画面にはフォーカスバーが表示。ピント合わせの目安がつかめ、便利です。

 

さまざまな光の状況に対応する、3種類の測光方式

マルチ測光モードでは画面を256分割して測光し、最適な露出をカメラが総合的に判断。さらに、中央重点測光やスポット測光も搭載しました。さまざまな光の状況に対応できるだけでなく、これまで身につけてきた「光を見る眼」も存分に駆使できます。

さまざまな光の状況に対応する、3種類の測光方式
1/80sec F2.8 ISO100 露出補正-0.3 ノートリミング

 

撮影者の数だけ表現を生む、露出モード

カメラ任せで気軽にスナップできるオート撮影モードのほか、多彩な被写体や撮影目的に対応できるシーンモード、クリエイティブな撮影が楽しめるA(絞り優先モード)、M(マニュアル露光モード)、P(プログラムシフトモード)を搭載しています。被写界深度と動感のコントロール。まさに、写真表現の醍醐味を味わうにふさわしい一台です。

 

表現意図に対応する多彩な撮影機能

アスペクト比は4:3のほか、35mm判カメラと同じ3:2、さらに1:1が選択可能。液晶ビューファインダーのチルト機構と相まって、中判カメラ感覚の撮影が楽しめます。また、白黒のほか、ノスタルジックなセピアでの撮影も可能です。

 

ページトップへ