• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • フォトアカデミー
  • コミュニティ
  • サポート


拡張された2つのギャラリーで、著名写真作家、新人作家などによる個性豊かな写真展を開催しております。「ONLINE 写真展」で出展されている作品の一部をご覧いただけます。

写真展を無料で開催できます

写真展お申し込み

 
             
           
             
             
   
「赤と黒」Le Rouge et le Noir「赤と黒」Le Rouge et le Noir

6月4日(木)~7月20日(月)

「赤と黒」Le Rouge et le Noir

川田喜久治

「赤と黒」へのノート Note / Le Rouge et le Noir

川田喜久治 kawada kikuji

赤と黒、色に動く影のリズムやトーンに呼び止められている。黒白だけでいいと思った時が過ぎて、色を注視して行かなければと思ったりしたのだ。ドキュメントを軸とすると色彩の声を無視しがちになるし、無意識の状態のなかでも色が主役になってくるのをつい忘れしまう。

そういえば、夢の中にあらわれた不思議な現象もほとんどカラーで見ているのだ。ファインダーやモニターを見ながら、ふと、赤い色があちこちから吹き出したり、濃淡の墨がどこからともなく流れるのを想像すると頭脳の海は不穏になってくる。

フォトグラフィは光学的な色彩からいま別の色彩を獲得しようとしている。人工的で見えない科学の闇からさらなる色彩は走り続けてくるだろう。イメージの層を膨らますことで色彩の領土を想像的な世界に変えながら、フォトグラフィへの関心は新しい色を求めて彷徨い続ける。それはまもなく人間の感覚と新たなこころを持つかも知れない。赤は戦争、黒は宗教、黒い絵、赤い星の時も変わりつつうまれかわる色は期待されていいだろう。すべての色が混ざり灰色になるのも象徴的な光景ではあるが。

年代を刻む色が地層の断面のように混ざりあい影のなかでヴィジョンが顔を出すがそれはフォトグラフィの今日の魔術なのだ。黒白だけに収まりきれない感情が雲のようにわいてイメージと交感をつづけている。変化の連続からうまれるのが色彩の心かも知れない。それを日々のリアルな年代記といえないのは光と影の呪縛からフォトグラフィがなかなか逃れられないからだろう。

私の「赤と黒」のシリーズはスタートもプロセスも以前発表した「ロス・カプリチョス」に似ている。取り組みはすこし違っているのだが、いつ、ファイナル・バージョンとなるのかわからない。

25.Feb.2020 Tokyo

   
「空港散歩2020 〜鳥取空港魅力の情景〜」

6月4日(木)~6月15日(月)

「空港散歩2020 〜鳥取空港魅力の情景〜」

T.Fujiba(藤林 敏啓)

 
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
           
           
           
           
       
「re collection」

2020年6月18日(木)~6月29日(月)

「re collection」

黒田 和男

 
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
           
         
           
       
「re collection」

2020年7月2日(水)~7月13日(月)

「信じられない国~インドの光と影を求めて~」

戸塚喜八

 
         
         
         
         
         
         
         
         
         
         
           
           
           
           
           
           
             
             

Gallery archives

ページトップへ