• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • フォトアカデミー
  • コミュニティ
  • サポート

「赤と黒」Le Rouge et le Noir川田喜久治

リコーイメージングスクエア東京がディレクションする展覧会の皮切りとして川田喜久治展を開催いたします。川田喜久治は、スナップショットの手法で身近な風景に不穏な影を見出しながら、時に多重露光などの技法を用い、独自の世界観で現実を抽象化し、また、体現してきました。本展では、作者自らが手掛けたオリジナルプリントをご堪能ください。
作者の作品にはいくつかのシリーズがあり、本展のテーマは『ロス・カプリチョス』に起因します。作者は本展のステートメントに「私の『赤と黒』のシリーズはスタートもプロセスも『ロス・カプリチョス』に似ている」と語っています。『ロス・カプリチョス』とは、スペインの宮廷画家ゴヤの、同名の版画集に触発されて1960年代から80年代にかけて制作された作品です。この幻想的な版画集に出会ってから、作者のイメージへの探求が始まりました。「カメラ毎日」誌上での1972年の連載を皮切りに、いつ終わるとも知れず、散発的に発表を続けました。最近では2018年に東京のギャラリー、PGIで『ロス・カプリチョス-インスタグラフィ-2017』を開催しています。この作品は初期の未発表を含めて再構成し、2016年から2017年に撮影した新作を続編として発表したものです。また、2019年にリコー公式コミュニティサイトのGR officialに「赤と黒」の作品を掲載。2020年に日本カメラに新連載として発表を続けています。
さて、本展はデジタルカメラで撮影した2019年から2020年に撮影した作品によって構成されています。タイトルの赤と黒に代表される色の対比が、不穏や不安といった湧きあがる感情を焙りだしています。作者は「黒白だけに収まりきれない感情が雲のようにわいてイメージと交感をつづけている」と記しています。新しく生まれる色彩のプロセスは単純でないことは確かです。作品を見ることで呼び起こされる眩暈にも似た感覚はいったいなんなのか。その手法を紐解くよりも、フォトグラフィの魔力を素直に感じることが肝要かもしれません。作者は、このシリーズが「いつファイナルバージョンになるかわからない」と語っています。新作が生まれ続ける瞬間を、展覧会という形で記憶にとどめたいと考えます。本展ではアーカイバル・ピグメント・プリント50点で構成いたします。

ONLINE写真展

作者 川田喜久治
作品名 「赤と黒」Le Rouge et le Noir
会期 6月4日(木)~7月20日(月)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日、水曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア東京 ギャラリーA
連絡先 〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)MAP
℡0570‐006371

作者プロフィール

1933年茨城県に生まれる。 1955年立教大学経済学部卒業。『週刊新潮』の創刊(1956年)より、グラビア等の撮影を担当。1959年よりフリーランス。「VIVO」設立同人(1959〜61年)。主な個展に「ゼノン ラスト・コスモロジー」PGI(東京1996年)、「カー・マニアック」PGI(東京1998年)、「ユリイカ 全都市」PGI(東京2001年)、「川田喜久治展 世界劇場」東京都写真美術館(東京 2003年)、「地図」PGI (東京2004年12月-2005年2月)、「川田喜久治写真展 Eureka 全都市 Multigraph」東京工芸大学写大ギャラリー(東京2005年)、「見えない都市」PGI(東京2006年)、「川田喜久治展 ATLAS 1998-2006 全都市」エプサイト(東京2006年)、「遠い場所の記憶:メモワール 1951-1966」PGI(東京2008年)、「ワールズ・エンド World’s End 2008〜2010」PGI(東京2010年)、「日光-寓話 Nikko-A Parable」PGI(東京2011年)「2011-phenomena」PGI(東京2012年)、「The Last Cosmology」Michael Hoppen Gallery(ロンドン2014年)、「The Last Cosmology」L. PARKER STEPHENSON PHOTOGRAPHS(ニューヨーク2014年)、「Last Things」PGI(東京2016年)、「ロス・カプリチョス –インスタグラフィ- 2017」PGI(東京2018年)、「百幻影 – 100 Illusions」キヤノンギャラリーS(東京2018年)がある。グループ展多数。作品は東京国立近代美術館、東京都写真美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダン、ボストン美術館などにコレクションされている。

ページトップへ