• ブランド
  • 製品
  • ストア
  • コミュニティ
  • サポート

Gallery Space

「猫の楽園―台湾―」

「猫の楽園―台湾―」

猫夫人

台湾の猫写真家が、長年見守りつづける猫たちの愛嬌たっぷりの表情、元気いっぱいのアクションを、ガイドブックに載っていない台湾の風景や人情厚い土地の人々とともに切り取ったカラー作品約30点。

Online写真展
DATA
開催期間 2013年7月17日(水)~7月29日(月)
開館時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日 火曜日
入場 無料
会場 リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーⅠ
連絡先

〒163-0690
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
ペンタックス スクエア内 リコーイメージングスクエア新宿

MAP

03-3348-2941 担当:松枝・江上

作者のコメント

台湾には、九份や阿里山、夜市や小籠包以外に、もっと台湾らしい、素朴ですてきなところがたくさんあります。わたしは台湾の北から南までくまなく足を運び、漁港や山村まで、いろいろな場所で見つけた幸せをカメラで記録しつづけてきました。
台湾ではあちこちで、猫ちゃんを見つけることができます。地元の人たちも皆な気さくで、どこに猫がいるのか教えてくれます。わたしは猫と人のふれあいを撮るのが好きです。台湾に根ざす文化と、可愛い猫ちゃんが結びついて一つのイメージになるよう、シャッターを切ります。私は写真を通じて物語を語り、一瞬一瞬の感動を皆と分かち合いたい。そして多くの人が猫を好きになり、人と猫が仲良く共生する猴硐(ホウトン)・猫村のように猫への偏見がなくなり、猫の温かさを知ってもらえるようにと願っています。

猫夫人

作者プロフィール
2006年 猫写真の撮影を始める
猫ブログ( http://www.wretch.cc/blog/palin88 )開設
2008年 台北郊外のさびれた炭鉱町「猴硐(ホウトン)」でたくさんの野良猫を発見
仲間たちと餌やり、不妊手術、予防接種、環境美化などボランティア活動を定期的に展開
2009年 台北で初個展
これ以降、台湾各地で個展を開催し、撮影講座で講師を務める
2009年 第二回田代島にゃんフォトコンテストで「金猫大賞」受賞(受賞名は本名)
2009年 ディスカバリーチャンネルの特集番組に出演
2010年 世田谷ブローダーハウスで個展
2012年 社団法人台湾319愛猫協会設立(理事長)
2012年 和歌山電鉄の招きで「たま」駅長を撮影
2012年 ホテルニューオータニでチャリティー展開催

◯写真集『猫楽園』 6月刊行(天野健太郎訳、イースト・プレス刊)
 ほか台湾で写真集『台湾這裡猫當家』、『猫散歩』、エッセイ『猴硐―猫城物語』など著作多数

使用機材 PENTAX 645D、DFA645 55mmF2.8AL[IF]SDM AW、FA645 MACRO 120mmF4ほか
 

ペンタックス イベント ウィーク
猫夫人 ギャラリートーク 開催

日時:2013年 7月17日(水)・18日(木)
いずれも14:00~ (通訳あり、参加費無料)
場所:リコーイメージングスクエア新宿
東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービルMB階
ペンタックス スクエア内 TEL 03(3348)2941

ページの上に戻る